私のおすすめディズニー映画 「リメンバー・ミー(Coco)」


メジャーではないですが、個人的に好きなディズニー映画の
魅力を定期的に伝えていこうかなと思います。
今回のテーマは、「リメンバ・ミー (原題:Coco)」の魅力を語っていこうと思います。

正直言うとCMを見た時はあまり見たいなと思わなかったのですが、
仕事で中国行きの飛行機に乗った際に、飛行機で見れる機会があり、
やはりここはディズニーの映画だなと見ることにしました。

結論としては、観て正解でした。
まだ、見てない人にはぜひ観ていただきたいです。

主人公ミゲルを演じる石橋陽彩君の表現力豊かな歌声

この作品は全体を通して、音楽が重要な要素となっているだけあり、
所々で登場する曲のメロディーや歌詞も非常に素晴らしいのですが、
なんといっても石橋陽彩(ひいろ)君の歌唱力にはビックリしました。
itunes等でもいいので、とりあえず、一度、石橋陽彩君の歌を聞いてみてください。
特に、クライマックスで歌う「リメンバー・ミー」は本当に良かったです。
この石橋陽彩君の歌声を聞くだけでも観た甲斐があるなと思ってもらえること間違いなしです。

ちょっと新しい死後の世界の世界観

ディズニーの作品では結構死後の世界が出てくることが多いですが、
(例えば、ヘラクレスやナイトメア・ビフォア・クリスマス(死後の世界なのか?)などですね。)
また、ディズニーに限らず死後の世界という世界設定は色々な話で出てくると思いますが、
それらの世界観とはまた一味違う設定となっております。
ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、
先祖や亡くなってしまった人たちへのお墓まいりなどをしっかりしなくちゃなと思える世界観となっております。
この作品を観てから、実家に帰った時などにいつにもまして真摯に仏壇に手をあわせるようになりました。

ベタといえばベタな展開なんですが、それはそれで良かったなと思えるストーリー

序盤で、藤井直人さん演じるこの物語の鍵を握る登場人物が出てくるのですが、
まあ、この人物と主人公でまあまあベタなストーリーが展開されていきます。
ただ、全体的に暖かい曲調やコミカルなキャラクターたちのおかげで、
そのベタな展開が心地よく、最後には良い映画だったなと感じることができると思います。

他にもピクサー作品ならではの他のピクサー作品のキャラクターが隠れて出てきていたり、
楽しめる要素は多分に盛り込まれているので、まだ観たことない人、観たことある人も
このブログ記事を機にリメンバー・ミーを観てもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です