大物歌手を起用で大成功「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」

オリバーとオリバー

アメリカの超有名な大物歌手を声優として起用し、興業的に大成功を収めた「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」。日本でも同様に大物歌手が声優を務めます。また、これまでのディズニーの犬や猫の話では裕福な家庭で育ったわんちゃんやねこちゃんに主眼をおいてストーリーが進行していましたが、今回は、捨て猫のオリバーを主眼とするこれまでとは一線を画す作品となっております。今回は、話題性抜群のオリバー ニューヨーク子猫ものがたりのあらすじや魅力をお伝えしていきます。

オリバー ニューヨーク子猫ものがたりってどんな作品?

  • 概要
  • オリバー ニューヨーク子猫ものがたり(Oliver & Company)は1988年に公開されたディズニー長編アニメーション第27作目となる作品です。原案はディズニーの作品でかなりの知名度を誇る「クリスマス・キャロル」の作家チャールズ・ディケンズの「オリバー・ツイスト」です。この作品から低迷していたディズニーアニメーションを建て直す目的で、ジェフリー・カッツェンバーグが責任者となり、ディズニー第2の黄金期に入ります。このカッツェンバーグは元々「インディー・ジョーンズ」や「タイタニック」を手がけるパラマウント映画で働いていて、そこでの活躍を買われ、ディズニーにやってきたのでした。そして、この「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」をパラマウント映画でミュージカル仕立ての実写映画化した経験を元にアニメーション化と登場人物を動物に変更した形でこの作品を完成させました。その結果、ここ最近の作品と比べて倍近い収益を上げ、見事に建て直しの第一歩を踏み出したのでした。ここから「リトル・マーメイド」や「アラジン」など我々が良く知っている作品を生み出していくことになるので、ディズニーファンとしてはカッツェンバーグに感謝の気持ちがいっぱいです。

     

  • あらすじ
  • あるニューヨークの路地で売られているまだ名前もない茶色の子猫がいました。この猫は値下げをしても無料にしても売れず、ついに捨てられてしまうところから物語はスタートします。路頭に迷ったこの猫は、生きるコツを教えてあげると言うドジャーという犬に出会いますが、ドジャーはソーセージを盗むためにこの名もない猫を利用するために声をかけただけで、子猫を利用したらすぐにドジャーは逃げてしまうのでした。それでもあきらめずドジャーを追いかけたこの子猫はついにドジャーのアジトを突き止め、フェイギンという貧乏な人間の男性とドジャー率いる5匹の犬たちが暮らす船に辿り着きます。フェイギンは、サイクスという借金取りから3日以内にお金を返さないと命をもらうと脅されていて、その返済をするため犬たちに街中の金目のものを集めさせていて、行くあてのない子猫も仲間にすることにしました。子猫はさっそく金目の物を盗みにお金持ちの車に乗り込んみましたが、誤って連れ去られてしまいました。そこで子猫はジェニーという少女に見つかり、オリバーという名前と綺麗な首輪を付けてもらうのですが、仲間を誘拐されたと誤解しドジャーたちはオリバー救出作戦を実行。連れ帰ったオリバーに高そうな首輪が付いている事に気づいたフェイギンはジェニーの家にオリバーを返して欲しければ身代金を払えと手紙を出すのでした。その身代金を払いに現れたのはジェニー1人で自分の小さな貯金箱を持って現れました。その光景に自分自身の行動を反省したフェイギンは身代金を受け取らずにオリバーをジェニーに引き渡そうと決めたのですが、その現場を見ていた借金取りのサイクスにジェニーを誘拐されてしまいます。オリバーと仲間の5匹はサイクスのアジトに乗り込み、知恵を出し合いジェニーを救出しますが、すぐにサイクスに見つかり窮地に追い込まれます。そこにフェイギンが現れ、6匹とジェニーを連れ、バイクで逃走。それを車で追いかけるサイクスは追いかけるのに夢中になるあまり地下鉄の線路で電車と衝突してしまうのでした。命からがら逃げきったオリバーたちはなんとか無事に平穏な生活に戻ることとなり、オリバーはそのままジェニーの元で暮らす事となりました。

オリバー ニューヨーク子猫ものがたりの魅力

  • 超大物歌手を声優として起用
  • 冒頭でも書きましたが、オリバー ニューヨーク子猫ものがたりには英語版、日本版共に超大物歌手が声優として起用されていて、オリバーの兄貴分となるドジャーの声を担当すると共に劇中歌を華麗に歌い上げます。一級品の歌声だけあり、これまでのディズニー映画の中でも群を抜く迫力のある曲になっています。その超大物声優ですが、英語版ではビリー・ジョエルさん、日本語版では松崎しげるさんがドジャーの声を担当しています。ご存知ないという方でも写真や曲を聞くと一度は必ず目にしたり耳にしたりするくらい有名な方々です。みなさんもぜひ迫力のある歌声を聞いてみてください。

  • 魅力的な仲間たち
  • オリバーの仲間となった5匹の犬たちは「ジャック・ラッセル・テリア」、「チワワ」、「ブルドック」、「サルーキ」、「グレート・デーン」とみんな犬種が異なり、犬種のイメージに合わせた性格で描かれ非常に個性的なキャラクターとして物語を盛り上げてくれます。また、借金取りのサイクスに飼われている2匹のドーベルマンも同じ犬種ではありますが、性格が異なり敵ではあるのですが、カッコイイと思えるクールなキャラクターとなっていて、全体的に魅力的なキャラクターが多いです。

オリバー ニューヨーク子猫ものがたり まとめ

ディズニーはついに第2の黄金期を迎える準備を整えました。その合図として超大物歌手を声優として起用し話題性を高めたオリバー ニューヨーク子猫ものがたり。また、原案も選び抜かれただけあり、キャラクターたちの個性がしっかりと確立されていて、どのキャラクターも魅力的な作品になっています。ちなみに、ディズニーの作品ではないのですが、NHKで英語の勉強として放送されている「リトル・チャロ」という可愛いワンちゃんのアニメーションシリーズがあるのですが、ストーリーからキャラクターまでかなり似ているなと思ったのですが、私の思いすごしでしょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です