映画『アラジン』がより面白くなる3つの秘密!

アラジン

1992年にディズニー長編アニメーション第31作目として公開された『アラジン(Alaldin)』。ディズニールネサンス期(第二黄金期)と呼ばれる時期の作品で、作中の曲『ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)』はアカデミー歌曲賞を受賞しています。そんな世界的に有名なアラジンをより楽しめる3つの秘密をご紹介します。

アラジンにはお父さんは生きている!?

アラジンは貧乏で天涯孤独な生活をしているイメージですが、アラジンのお父さんは生きていて、

アラジンⅢにあたる『アラジン完結編 盗賊王の伝説』ではアラジンたちの前に姿を表します。アラジンのお父さんはカシームという名前で元々はアラジンたちに裕福な生活をさせたいと旅に出たのですが、いつの間にか盗賊の長になってしまっていました。

最後には裕福な生活が大切なのではなく、アラジンこそが大切なものだということに気づき、求めていた宝を諦め、アラジンのピンチを救いました。その後、アラジンとジャスミンの結婚式に出席した後、カシームの生き方に共感したイアーゴを連れて、再び旅に出るのでした。

原作である千夜一夜物語では、カシームというキャラクターは「アラジンと魔法のランプ」ではなく「アリババと40人の盗賊」の話の登場人物で、アリババの兄にあたり、盗賊に殺されてしまう設定となっています。

『ホール・ニュー・ワールド』の作曲家アラン・メンケンは偉大すぎる!?

ディズニーの曲の中でも非常に高い人気を誇る「ホール・ニュー・ワールド」。このブログを見てくださっている人にも好きな方も多いと思います。それでは「ホール・ニュー・ワールド」を好きでアラン・メンケンが他にどのような曲を作曲したか知らない人に質問です。ディズニーの曲でそれ以外に大好きな曲を思い浮かべてみてください!

はい、今頭の中に思い描いた曲はホール・ニュー・ワールドの作曲者アラン・メンケンが作曲した曲です。(外れていたらすみません(笑))

ちょっと強引でしたが、アラン・メンケンはそれくらいディズニーにとって重要な曲をたくさん作曲しています。主要なものを挙げるとリトル・マーメイドの「Under The Sea」「Kiss The Girl」、美女と野獣の「Beauty and the Beast」「Belle」「Be Our Guest」、アラジンの「Friend Like Me」、ポカポンタスの「Color of The Window」、ヘラクレスの「Go The Distance」、魔法にかけられての「Happy Working Song」「That’s How you Know」、塔の上のラプンツェルの「I See The Light」、極め付けはシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの「Compass of Your Heart」を作曲しています。どうでしょう、頭に思い浮かべた曲はありましたか? 私はことごとく好きな曲が入っていて、ビックリしました(笑)

ジャスミンのモデルは王子様!?

ジャスミンのモデルは千夜一夜物語の998夜〜1001夜に語られる物語のジャスミン王子とアーモンド姫の話に登場する美しい容姿を持つジャスミン王子でジャスミンがアラジンに会うまで物憂げな心情はアーモンド姫がモチーフになっています。アラジンは千夜一夜物語の登場人物をモチーフにしていますが、全然異なる設定で描かれているため、みなさんもアラジンのキャラクターたちが原作ではどのようなキャラクターで描かれているのか調べてみると面白いかもしれません。

あとがき

今回はアラジンでもマイナーなトリビアをご紹介してみました。私は千夜一夜物語の関連する作品である「シンドバッドの冒険」やディズニーではないですが「マギ」がとても好きなので、これまでにも幾つか記事を書かせていただいているので、ご興味ある方はそちらも読んでいっていただけるととても嬉しいです。

【アラビアンナイト】ディズニー「アラジンとシンドバット」と隠された物語

【ねえ、知ってる?】アラジンのお父さんは生きていた!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です