利益は取れないなりに学ぶべきことはしっかり学ぶ!

今日の動向

値動きが全く読めないので、火傷しないよう取引を控えている(控えざるを得ない)状況ですが、この状況下でも両建てなど利益を取りに行ける手法がない訳ではないので、せめて色々この状況下での取引手法を検討は続けます。

例えば、やはりPKOが入るせいで値動きがより読めない状況に追い込まれているので、各国PKOの影響力が弱い15時〜22時の間に先物取引するなどの方法が良いんではないかなと思ってます。
実際にヤフーの掲示板でその手法でここ数日勝ってると投稿している人もいたので、実用性もありそうです。
ただ、15時以降も取引しないといけなくなると一日中株価を気にしていなくてはいけなくなるので、サラリーマンとしてはその点がデメリットですかね。

今日の取引情報

今後の戦略

〇ヒット&アウェイ戦法
当座、ダラダラ下げの懸念はありますが、一部銘柄は短期的に反発してくると思うので、損切ラインを買い値ギリギリに設定した上で、含み益に転じたら長期的に保有せず、チョコチョコ売って逃げるという戦法を取ろうと思います。

購入&持ち越し

・アゴーラHG(9704)
含み損益:0.00%(前日比:+0.00%)
スタンス:超長期
概況:
場中チョクチョク値を下げるようになってきましたが、2020年に向けて有利な要素をかなり持っていて、まだ注目されていないという珍しい銘柄ではありますが、値を下げたら引き続き買いまししていく覚悟です。

注目銘柄:アゴーラHG(9704)のファンダメンタル分析

・ダブルインバース(1360)
含み損益:-0.53%(前日比:-0.53%)
スタンス:短期
概況:
2018年12月のチャート的にそろそろ2番底を目指しに行くのではないかと推測して、少額ではありますが、昨日購入しました。
先物的には軟調かと思いきや一時150円を超える値上がりを見せて、早速踏み上げられています。
ただ、大きく下がるリスクは依然残っているので、当分は多少踏み上げられても保有しておきあす。

売却

なし

狙っている銘柄

四季報オンラインで目ぼしい銘柄を探索中。

とりあえず、下記の銘柄が気になり始めてます。
 ・JT(2914)
 ・レントラックス(6045)
 ・相模ゴム(5194)
 ・リンクバル(6046)
 ・ベルトラ(7048)

今年の投資成績

年利ベースでの投資成績(2019/05/20時点)
・確定損益:16.74%(前日比:+0.00%)
・含み損益控除後:16.65%(前日比:-0.09%)

あとがき

5月初旬から売りである程度稼いできましたが、利益を得る程に今後の過酷な経済状況に対する覚悟が必要なんだなという気がします。
インテルの社長やニトリの社長が景気低迷は3年間続くと明言しているので、その3年という根拠がどこにあるのか自分なりに調査をしてみて、その調査結果に応じた投資戦略を練ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です