急騰と暴落どちらも警戒が必要な難しい地合い・・・

だらーんとゆっくり

今日の動向

値動きが全く読めない・・・
なので、この状況下で買い入りたい銘柄が全くなく、とはいえ売りで入る気にもなれない。
最近忙しく1日中打ち合わせで日中取引する機会もないので、ちょうど良いと言えばちょうど良いのですが、利益を得るチャンスを探す努力は今のうちからしようと思います。

その第一歩として、四季報オンラインをとりあえず契約してみました。
これで悪い地合いでも勝てる銘柄をじっくり探していこうと思います。

今日の取引情報

今後の戦略

〇ヒット&アウェイ戦法
当座、ダラダラ下げの懸念はありますが、一部銘柄は短期的に反発してくると思うので、損切ラインを買い値ギリギリに設定した上で、含み益に転じたら長期的に保有せず、チョコチョコ売って逃げるという戦法を取ろうと思います。

購入&持ち越し

・アゴーラHG(9704)
含み損益:0.00%(前日比:+0.00%)
スタンス:超長期
概況:
ここ最近で上値抵抗線となっていた35円をついに破り36円の値をつけましたが、引けで35円に戻ってしまいました。
ただ、やはり地合いが悪い中でも上を目指す強い力を徐々に発揮しつつあるので、長い目で期待していこうと思います。
ここの当座の懸念事項は夏の天災だけなので、今から神頼みしておこうと思います!

注目銘柄:アゴーラHG(9704)のファンダメンタル分析

売却

なし

狙っている銘柄

四季報オンラインで目ぼしい銘柄を探索中。

とりあえず、配当も近いJT(2914)が少し気になっています。

今年の投資成績

年利ベースでの投資成績(2019/05/16時点)
・確定損益:16.74%(前日比:+0.00%)
・含み損益控除後:16.74%(前日比:+0.00%)

あとがき

今日の倉元製作所の41.67%の急騰は凄かったですね。
ただ、赤字予想が当期純利益が黒字と騒がれていますが、営業利益&経常利益は赤字で貸倒引当金戻入での特別利益により黒字なので、本来積み立てるべき貸倒引当金を切り崩しただけで、実態は赤字のはずです。
なので、2019年12月までの上場廃止の可能性は依然残っていて、本来ここまで急騰すべき株ではないと個人的には思っています。
ただ、こういう値動きをすると、もう理論とかそういう次元ではないので、空売りするのはそれはそれでリスクかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です