世界のディズニーパークをレポート!ディズニー・ハリウッド・スタジオ編

ディズニーハリウッドスタジオ

いつか行ってみたい世界のディズニーパーク。今回はハリウッドをテーマにしたディズニーパークの中では珍しいディズニー・ハリウッド・スタジオについてレポートしていきます!

ディズニー・ハリウッド・スタジオの基本情報と概要

基本情報

ディズニー・ハリウッド・スタジオ マップ
©Disney

・オープン日:1989年5月1日
・場所:アメリカ合衆国フロリダ州オーランド
・周辺施設:マジック・キングダム、エプコット、ディズニー・アニマル・キングダム、ディズニー・ライフーン・ラグーン、ディズニー・ブリザード・ビーチ

概要

ディズニー・ハリウッド・スタジオ ショー
©Disney

ディズニー・ハリウッド・スタジオは、「アトラクション」にしても「ショー」にしても他のパークとは一線を画すスケールで、とりわけショーの迫力が凄いです。また、ショーも他のパークにはない「セサミストリート」、「インディジョーンズ」や「スターウォーズ」のショーがあったり、本格的な人形劇が設けられていたりとかなり多様なレパートリーが存在しています。

アトラクションにしても、タワーオブテラーなど他パークにもあるアトラクションが格段にスケールアップしていて、普段のディズニーのアトラクションでは少し物足りないという絶叫系が大好きなファンをも満足させるレベルになっています。

日本からの行き方、予算まとめ

ディズニー・ハリウッド・スタジオの行き方と予算については、以前マジック・キングダムの記事にてまとめてありますので、ご興味ある方はそちらをご参照いただけると嬉しいです。

世界のディズニーパークをレポート!マジック・キングダム編

ディズニー・ハリウッド・スタジオを楽しむポイント

フロリダのディズニーワールドは4大パーク+2大パークの計6パーク存在し、見どころ満載で、いくら日程があっても足りないスケールなので、なかなか行けるチャンスのない日本のファンは効率良く、各パークの特徴あるアトラクションやショーを体験したいところです。

ということで、ディズニー・ハリウッド・スタジオに来たらこれは乗らなきゃ・観なきゃというアトラクション・ショーを選んでご紹介します。

スター・ウォーズ:ギャラティック・スペキュタクラー

ディズニー・ハリウッド・スタジオにはショーがいくつもあり、日本版とは違うスケールのでかい「ファンタズミック」もあるのですが、スケールの大きさとハリウッド・スタジオらしさをより感じられナイト・ショーとして「スター・ウォーズ:ギャラティック・スペキュタクラー」を選ばせていただきました。

ショーを鑑賞する際の注意として、スケールがでかいだけあり前を取りすぎたりすると逆に見えにくかったりするので、ショースペース全体が見渡せるあたりにポジショニングするのが良さそうです。

ロックン・ローラー・コースター

ロックンローラーコースター
©Disney

ロックン・ローラー・コースターは、ディズニー・ハリウッド・スタジオ独自のアトラクションであり、他のパークの絶叫系アトラクションの追随を許さない圧倒的速さを誇るアトラクションです。東京ディズニーランドのアトラクションでは最速を誇るスプラッシュ・マウンテンが最高瞬間速度「64km/h」のところこのロックン・ローラー・コースターはなんと「97km/h」の速さを誇ります。また、アトラクション内では世界的なグループでロックン・ローラーにふさわしい「エアロ・スミス」の音楽が流れていて、グルングルン回るので、体感速度は「100km/h」を越えてきます。絶叫系が苦手という方は、ディズニーの絶叫系くらいならと甘く見ず、様子を伺って観てください(笑)

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペキュタクラー

インディ・ジョーンズ
©Disney

写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが、「え? ここディズニー?」という感じになる圧倒的なスケールで行われるショーです(笑)

ディズニー・ハリウッド・スタジオに来たなら、「タワー・オブ・テラー」や「トイマニ」も気になる気持ちはとても良く分かるのですが、ぜひ優先的に観ていただきたいショーです。また、ゲストの中からエキストラの参加を募ったりとそういう意味でもドキドキします。万一、英語ができなくてもなんとかなるくらいの演技で乗り切れますので、焦らず、楽しんでしまいましょう。

なお、ファストパスがあり30分くらいのショーで、タイミングが合えば、40分もしないで体験できますので、ファストパスを取って効率的に体験しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です