世界のディズニーパークをレポート!ディズニー・アニマル・キングダム編

ツリー・オブ・ライフ

いつか行ってみたい世界のディズニーパーク。今回は、300種、2000頭もの動物たちが野生さながらの状況下で暮らすディズニー・アニマル・キングダム(DAK)をレポートしていきたいと思います。

ディズニー・アニマル・キングダムの基本情報と概要

ディズニー・アニマル・キングダム

©Disney

基本情報

・オープン日:1998年4月22日
・場所:アメリカ合衆国フロリダ州オーランド
・周辺施設:マジック・キングダム、ディズニー・ハリウッド・スタジオ、エプコット、ディズニー・ライフーン・ラグーン、ディズニー・ブリザード・ビーチ

概要

ディズニー・アニマル・キングダム 動物の彫刻

©Disney

ディズニー・アニマル・キングダムは、中央にバオバブの木をモチーフとした巨大な木「ツリー・オブ・ライフ」が印象的なパークで、本物のキリン、ライオンやカバなど本格的な動物園と同等の動物たちが暮らしています。

他には、ディズニー作品ではないですが、「アバター」をテーマとした「パンドラ-ザ・ワールド・オブ・アバター」というエリアにて空想的な大自然も体験することができたり、かつて存在していた恐竜をテーマにしたエリアもあり、一般的な動物園では実現できないディズニーらしいテーマパークとなっています。なお、ディズニー・アニマル・キングダムの企画時には、ドラゴンやユニコーンなど空想上の動物をテーマとしたエリアも建設を予定していたようですが、予算の関係上断念され、そのアイデアはユニバーサル・スタジオに提供されたようです。

また、パーク内には一般的なディズニーパーク同様にコースターなどのアトラクションもあるので、アトラクションが好きな人も十分楽しめるパークとなっています。

日本からの行き方、予算まとめ

日本からの行き方や予算については、マジック・キングダムと同様でそちらの記事に詳しく記載してありますので、ご興味ある方はそちらをご一読いただけると嬉しいです。

世界のディズニーパークをレポート!マジック・キングダム編

ディズニー・アニマル・キングダムを楽しむポイント

ディズニー・アニマル・キングダムは動物を見るのもよし、アトラクションに乗るのもよしとどこを回れば良いのか迷ってしまいやすいパークだと思います。なので、私も選ぶのは難しかったのですが、これだけはというエリアやアトラクションをご紹介しようと思います。

カリ・リバー・ラビット

人気のアトラクションやエリアの順位で言うとトップクラスの順位ではないようですが、ディズニー・アニマル・キングダムらしくて、パークの良さを存分に発揮しているアトラクションとして、まず最初にご紹介させていただきました。

他のパークでは実現するのは困難な形式のアトラクションのため、今後もディズニー・アニマル・キングダム限定のアトラクションとなりそうです。

ちなみに、スプラッシュ・マウンテン以上にずぶ濡れになるのは避けられないので、ご注意ください(笑)

キリマンジャロ・サファリ

キリマンジャロ・サファリ

©Disney

ディズニー・アニマル・キングダムに来たら、やはりライオン、ゾウやキリンを見ておきたいですね。2016年からナイトサファリも開始され、ハイエナなど夜行性の動物も見ることができるようになりました。ただ、本物の動物を相手にしているため、タイミングによってはなかなか動物が見つからなかったりします。噂によると朝一が動物が活発に活動するようで、なんだかんだ夜行性のハイエナなども活動しているそうです。そのため、長い旅程で疲れてくると朝一にサファリはキツくなってくると思うので、旅程の早い段階でディズニー・アニマル・キングダムに行くスケジュールを組むと良いかもれいません。

エクスペディション・エベレスト

エクスペディション・エベレスト

©Disney

ディズニー・アニマル・キングダムのスケールの大きさを感じることができる絶叫系アトラクションで、東京ディズニーランドのスプラッシュ・マウンテン以上の怖さもさることながら、なにより登山をした時のような爽快感が気持ち良いアトラクションです。天気の良い日の頂上の景色は本当に気持ちが良いです。また、夜間は雰囲気がガラッと変わり、夜の山特有の恐怖を体験することができます。待ち時間は最大でも60分程度ではありますが、あまり時間帯にも左右されるものでもなく、ファストパスも対応しているアトラクションなので、ファストパスでの搭乗をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です